SPFとPAは高い方がいい?の罠

SPFとPAは高い方がいい?の罠

日焼け対策は一年中したほうが良いですが、夏は特に徹底したいもの。

 

紫外線から肌を守るためには、シーンに合ったUV対策で肌負担を極力減らすのが美肌への近道です。

 

UV対策の基本!SPFとPAは高い方がいい?の罠

 

日焼け止めジェルでもパウダーでも、SPFやPAという英語が表示されています。

 

この数字、数値が高ければ良いと思っていませんか?

 

2種類ある紫外線

紫外線には二種類あります。

 

・紫外線A波
・紫外線B波

 

地上に届く紫外線の95%は、紫外線A波です。

 

UV-A

5月をピークに一年中照射し、ガラスや雲では遮断できないものなんです。
肌の真皮まで届き、シミやシワ、タルミの原因になります。

 

UV-B

残りの5%は、紫外線B波。
夏に照射量が一番高く、ガラスや雲で遮断できます。

 

肌の表面で吸収されることが多いので、奥の真皮層までは届きませんがB波を浴びると火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、またシミやソバカスの原因にもなります。

 

SPFの意味

UVジェルやUVパウダーに表示されているSPFは、紫外線B波を防止する数値です。
SPFの数値は2から50までで表示され、MAXは「50+」。

 

肌が赤くなる日焼けをするのは、紫外線を浴び始めて平均20分と言われます。
SPFは、その20分が何倍延長できるかという数値です。

 

例えばSPF10なら…
20分×10で200分(3時間20分)紫外線を防げるという計算になります。

 

PAの意味

PAは、紫外線A波の防止する表記です。
大まかな目安は…

 

・「PA+」は生活紫外線対策
・「PA++」は屋外活動対策
・「PA+++」は長時間の屋外活動

 

最近では「PA++++」も見かけます。

 

高けりゃいいってモンじゃない!

日焼け止めは数値の高いものほど良いというわけではありません。
数値が高いと、紫外線からガードしてくれる分、肌負担もアップします。

 

なので、シーンや目的にあった日焼け止めをチョイスするのが大事なんです。

 

ショッピングやお散歩なら、SPF10〜20、PA+〜++。
屋外での軽いスポーツやレジャー等なら、SPF20〜40、PA++〜+++って感じです。

 

激しいスポーツや海など炎天下のレジャーなら、SPF40以上、PA+++以上でガッツリガードしたいところ!

 

ただ、日焼け止めクリームだけでなく、UPA表記のあるパーカーや帽子、日傘などを一緒に使うのもお忘れなく!

 

肌の弱いや敏感肌なら、外線吸収剤不使用なノンケミカルな日焼け止めが一押し!

 

(オーガニックでも、たまに合わないものはあるのでパッチテストも大事ですよ。)

 

UVパウダーでさらに美白を保つべし!

ノンケミカルな日焼け止めをつけたら、その上からノンケミカルなUVパウダーを使うのもオススメです。

 

こちらのページでは、肌断食中でも使える石けんで落とせる日焼け止めパウダーも紹介しています。

 

>>石けんで落ちるUVパウダー

 

強いクレンジング剤も負担になるので、メイクを落とす時にも気をつけてくださいね。